ENGLISHJAPANESE

Journal

2017

  1. Hattori, H., Jumi, S., Nakajima, Y.: Exploring Potential for Social System Design Using Multi-Agent Simulations. IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Vol. J100-D, No. 2, pp.180-193, 2017

2015

  1. Miyata, K., Yamamoto, H., & Ogawa, Y.: What Affects the Spiral of Silence and the Hard Core on Twitter ? An Analysis of the Nuclear Power Issue in Japan. American Behavioral Scientist, Vol.59, No.9, pp. 1129-1141, doi:10.1177/0002764215580618, 2015

International Conference

2016

  1. Hiroaki Kingetsu, Hiromitsu Hattori: Multi-Agent Traffic Simulations with Taxi Agents based on Probe-Car Data. The 19th International Conference on Principles and Practice of Multi-Agent Systems (PRIMA-2016), August 22-26, 2016

2015

  1. Kobayashi, T., Ogawa, Y., Yamamoto, H., & Suzuki, T.: Estimating Media Partisanship
    from Twitter data: A case in Japan, World Association for Public Opinion Research (WAPOR) 68th Annual Conference, June 16-19, 2015
  2. Ogawa, Y., Kobayashi, T, Yamamoto, H., & Suzuki, T.: News Audience Fragmentation in Japanese Twittersphere, International Communication Association (ICA) 65th Annual Conference, Preconference: New Media and Citizenship in Asia: Civic Engagement for Sustainable Development Across the Life Span, May 21-25, 2015
  3. Arisa EMA, Hiromitsu HATTORI, Hirotaka OSAWA, Naonori AKIYA. Ethics and Social Responsibility: Case Study of a Journal Cover Design Under Fire. CHI-2015, April 18-23, 2015

Symposiums and Workshops

2016

  1. Yuki Ogawa, Tetsuro Kobayashi, Kyu S. Hahn, Seulgi Jang. Press coverage of historical and territorial issues in Japan and Korea: Frame analysis using a topic model, Korea and Japan Relations: A Long and Winding Road to Reconciliation, 2016

2015

  1. Itsuki Noda, Nobuyasu Ito, Kiyoshi Izumi, Tomohisa Yamashita, Hideki Mizuta, Tomio Kamada, Yohsuke Murase, Sachiko Yoshihama, Hiromitsu Hattori: Roadmap for Multiagent Social Simulation on HPC. The 3rd International Workshop on Data Oriented Constructive Mining and Multi-Agent Simulation (DOCMAS-2015), December 6, 2015

論文誌

2017

  1. 服部宏充,十見俊輔,中島悠.大規模マルチエージェントシミュレーションに基づく社会システムデザインの可能性.電子情報通信学会論文誌D,Vol. J100-D,No. 2,pp. 180-193,2017
  2. 小川祐樹,小林哲郎,Kyu S. Hahn,Seulgi Jang.歴史・領土問題に関する日韓新聞報道の比較 -トピックモデルを用いたフレーム分析- ,行動計量学,Vol.44, No.1, 2017
  3. 河村一輝,諏訪博彦,小川祐樹,荒川豊,安本慶一,太田敏澄 ,飲食店向け不動産営業を支援する申込み顧客推薦モデルの提案,人工知能学会論文誌, Vol.32, No.1, 10.1527/tjsai.WII-O, 2017
  4. 岩本茂子,小川祐樹,諏訪博彦,太田敏澄,つぶやきトピックによる残業意欲の分析,電子情報通信学会,Vol.J100-D, No.8, 2017

2015

  1. Miyata, K., Yamamoto, H., & Ogawa, Y.: What Affects the Spiral of Silence and the Hard Core on Twitter ? An Analysis of the Nuclear Power Issue in Japan. American Behavioral Scientist, Vol.59, No.9, pp. 1129-1141, doi:10.1177/0002764215580618, 2015

国際会議

2016

  1. Hiroaki Kingetsu, Hiromitsu Hattori: Multi-Agent Traffic Simulations with Taxi Agents based on Probe-Car Data. The 19th International Conference on Principles and Practice of Multi-Agent Systems (PRIMA-2016), August 22-26, 2016

2015

  1. Kobayashi, T., Ogawa, Y., Yamamoto, H., & Suzuki, T.: Estimating Media Partisanship
    from Twitter data: A case in Japan, World Association for Public Opinion Research (WAPOR) 68th Annual Conference, June 16-19, 2015
  2. Ogawa, Y., Kobayashi, T, Yamamoto, H., & Suzuki, T.: News Audience Fragmentation in Japanese Twittersphere, International Communication Association (ICA) 65th Annual Conference, Preconference: New Media and Citizenship in Asia: Civic Engagement for Sustainable Development Across the Life Span, May 21-25, 2015
  3. Arisa EMA, Hiromitsu HATTORI, Hirotaka OSAWA, Naonori AKIYA. Ethics and Social Responsibility: Case Study of a Journal Cover Design Under Fire. CHI-2015, April 18-23, 2015

国際ワークショップ

2016

  1. Yuki Ogawa, Tetsuro Kobayashi, Kyu S. Hahn, Seulgi Jang. Press coverage of historical and territorial issues in Japan and Korea: Frame analysis using a topic model, Korea and Japan Relations: A Long and Winding Road to Reconciliation, 2016

2015

  1. Itsuki Noda, Nobuyasu Ito, Kiyoshi Izumi, Tomohisa Yamashita, Hideki Mizuta, Tomio Kamada, Yohsuke Murase, Sachiko Yoshihama, Hiromitsu Hattori: Roadmap for Multiagent Social Simulation on HPC. The 3rd International Workshop on Data Oriented Constructive Mining and Multi-Agent Simulation (DOCMAS-2015), December 6, 2015

全国大会・研究会

2017

  1. 相井良太,大室高志,中平天明,小川祐樹,服部宏充,公共交通改善策検討のためのマルチエージェント交通シミュレーション環境の構築,第79回情報処理学会全国大会,3T-04, 2017
  2. 荒川周造,諏訪博彦,小川祐樹,荒川豊,安本慶一,太田敏澄.暗黙知センシングに基づいた飲食店向き不動産店舗の賃料推定,第31回人工知能学会全国大会, 2017
  3. 荒川周造,諏訪博彦,小川祐樹(立命館大学),荒川豊,安本慶一,太田敏澄.暗黙知に基づく飲食店用不動産物件の賃料推定システム, 社会システムと情報技術研究ウィーク, 2017

2016

  1. 小川祐樹,高史明,鳥海不二夫.Twitterユーザのパーソナリティ推定 –Big Five と Dirk Triad について-, 第11回SIG-DOCMAS研究会, 2017
  2. 小川祐樹.Twitterユーザのパーソナリティ推定による集団現象の分析,第1回行動変容と社会システム研究会, 2017
  3. 荒川周造, 諏訪博彦, 小川祐樹, 荒川豊, 安本慶一, 太田敏澄: 通行量センシングと機械学習に基づく飲食店用不動産賃料推定, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム, 2016
  4. 柿木研人, 諏訪博彦, 小川祐樹, 梅原英一, 安本慶一: インターネット株式掲示板における話題と株式指標の関係, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム, 2016
  5. 大室高志, 服部宏充, 小川祐樹. シミュレーションプラットフォームGAMAに基づく大規模都市交通シミュレーション環境の構築. 情報処理学会第78回全国大会, 2016年3月10日-12日
  6. 河村一輝,諏訪博彦,小川祐樹,荒川豊,安本慶一: 飲食店向け不動産営業を支援する申込み顧客推薦システムの評価, 社会システムと情報技術研究ウィーク (WSSIT 2016), 2016

2015

  1. 金月寛彰, 服部宏充. プローブカーデータを利用したタクシードライバーの個人特性の分析とモデル化. 第29回人工知能学会全国大会 (JSAI-2015), 2015年5月30日-6月2日.
  2. 小川祐樹, 山本仁志, 小林哲郎, 鈴木貴久: Twitterにおけるニュースオーディエンスの分断化, 日本社会心理学会第56回大会, P421-01 (2015)
  3. 相川実穂, 仙海かおり, 安田智亜紀, 酒井啓江, 小川祐樹, 梅原英一: 深夜アニメ番組に関するつぶやきに着目したTwitter分析,情報科学技術フォーラム講演論文集, Vol.14, No.4, pp.85-92 (2015)

新聞

2016

  1. 「進化するAIと共存するには」, 朝日新聞, 2016年4月14日(木)朝刊27面(科学)

卒業論文テーマ

2015年度

  1. バス運行ログデータに基づいた京都市内交通の分析
  2. バス走行ログデータの分析に基づく道路線形変更の交通への影響調査
  3. バス運行ログデータを用いた観光イベントの交通への影響分析
  4. シミュレーションプラットフォームGAMAに基づく都市交通の再現環境の構築
  5. シミュレーションプラットフォームGAMAによる交通シミュレーションのスケーラビリティ評価
  6. 都市人流シミュレーションのためのびわこ・くさつキャンパスの仮想実験環境化の提案
  7. 人流の実計測に基づいた群衆シミュレーションのパラメータ決定
  8. 大規模群衆シミュレーションのための人流モデルの作成
  9. 自動交渉エージェントのためのクラスタリングに基づくメタ戦略の提案
  10. 自動交渉エージェントへのメタ交渉戦略の導入効果